【最新版】動画で見る「サロン集客」セミナー
脱毛サロン 集客

脱毛サロンを開業するための5つのポイントを徹底解説 | これだけ読めば大丈夫!

目次

脱毛サロンの開業方法は?開業で失敗しないための集客や経営の5つのポイント

2016年、2017年とたくさんの脱毛サロンから集客や経営、求人、開業のご相談をいただきました。

その流れは2018年に入っても同じで、売り上げアップや集客、開業や求人に関するお問い合わせが続々と来ています。

最初からシビアなことを申し上げますが、脱毛サロンを開業して売り上げを伸ばし、さらに利益まで出すのは、既にかなり厳しい状況だと思っておいてください。

「脱毛マシンさえ買って開業すれば、なんとかなる!」

そんな甘い時代では、既にないのです。

それに加えて、脱毛専門サロンの新規オープンも相次いでます。

また、理容室が脱毛ビジネスを始めるところも増えています。

都心部に行って駅前で少し周りを見渡せば、すぐに脱毛サロンの看板が見つかるくらい、いたるところで脱毛サロンがオープンしています。

そして、これからも脱毛サロンの新規開業は、増えていくことでしょう。

既に飽和状態に近いほど増えすぎてしまった脱毛業界で、いかに儲けていくか?

これから脱毛サロンを開業しようとお考えの方や、今脱毛サロンを経営しているけど思うほど売上が上がらないとお悩みのオーナーさんに、ぜひ知っておいて欲しい経営面での5つのポイントを以下にまとめました。

1.一人脱毛サロンで儲かるためには開業資金はいくら用意すればいいのか?

お店の規模にもよりますが、1人で脱毛サロンを開業しようと思うならば、オープン時には最低200万円の開業資金を用意して下さい。

ちなみにこの2,000,000円は、脱毛マシンの購入費用をのぞいたお金になります。

つまり、広告費や人件費、光熱費、消耗品費といったサロン開業後の運営に使うお金が2,000,000円ほど必要だよということです。

当然、スタッフを雇って始めるなら、それ以上のお金を用意しなければいけないということになりますね

開業資金の不足は命取り

先日、このような事例がありました。

オーナーさんが自分で貯めたお金が、800,000円。

金融機関から開業資金として借りたお金が3,000,000円。

この合計3,800,000円で脱毛サロンをオープンしたそうです。

しかし、この3,800,000円のうち、約2,000,000円を脱毛マシンの購入費用に充ててしまっていました。

現金一括払いで、脱毛マシンを購入しているわけです。

となると、残りの手持ち資金は1,800,000円。

この1,800,000円から、ホームページ作成代、広告費、家賃や敷金、備品購入費などを賄う必要があります。

そうすると結果的に、開業時には500,000円程度しか残らないことになってしまいます。

500,000円では集客や宣伝費にお金を使えない・・・

運良く最初からお客さんがたくさんやって来てくれれば、これでもやっていけるかもしれません。

しかし、現実はそう甘くない。

だからこそ冒頭述べたように、弊社にはたくさんの脱毛サロンから集客のご相談が届いているわけですから。

500,000円しか資金がないと、集客で打てる手も限られてきます。

お金が使えない以上、InstagramやブログといったSNSをガンバる以外に方法がなくなってくるのです。

そして、そのSNSの活用法も、誰にも習ったわけでもないので自己流(←1番ダメなやり方)でやることになります。

ブログを更新して、それをFacebookなどに貼る。

当然、その程度では、なかなか結果に結びつかない。

つまり、お客さんが全然増えていかないわけです。

参考に下記の『脱毛サロンにオススメのブログ鉄板ネタ』の記事もご覧くださいね

参考:脱毛サロンにオススメのブログ鉄板ネタ | 脱毛サロン ブログ ネタ

儲かる脱毛サロンの1ベット当たりの売上の目安

一般的な脱毛サロンの場合ですが、1ベット当たり1,000,000円〜1,500,000円の売り上げを上げないと安定的に利益は出ません(家賃のかからない自宅サロンを除く)。

そして、それだけの売り上げを上げるために必要な広告費が通常、売上の10%ほど必要になります。

つまり、毎月1,000,000円の売り上げが欲しければ、100,000円の広告投資が必要だよということです。

何月にサロンをオープンするかにもよりますが、大体毎月1,000,000円の売り上げ(一人サロンで)をコンスタントに上げられるようになるには、早くて5か月、長ければ1年以上かかる場合もあるでしょう。

それも、先ほど説明したようなInstagramなどのSNSを集客に上手に活用し、さらにクロージングや接客が得意な脱毛サロンに限っての話です。

そうでなければ、せいぜい4〜500,000円の売り上げで終わることでしょう。

そうなると、自分の給料さえももらえないばかりか、銀行から借りた開業資金の返済もキツくなってきます。

したがって冒頭に述べたように、脱毛サロンを開業し、経営が軌道に乗るまでの半年間、何とか乗り切っていくための資金の目安が2,000,000円なのです。

まぁ現実は2,000,000円でも足らないかもしれませんが、最低レベルの話として、これぐらいは用意しておかないと厳しいでしょうね。

2.開業の際、脱毛機器メーカーも販売店も、さほどアドバイスはくれません!!

次に知っておいて欲しいことは、脱毛マシンの販売店はあなたのサロンの運営にあまり関心がないということです。

メーカーはマシンを購入してもらうまでは、脱毛業界の未来が明るいことや、儲かるような話をガンガン投げつけてきます。

しかし、先ほどもお伝えしたように、すでに脱毛業界は飽和状態なわけですし、儲かっている脱毛サロンなんてほんの一握りです。

だから、こうやって業界トップクラスの脱毛サロンも、潰れるわけですから。

脱毛サロン「エタラビ」破産手続きを開始 返金は困難 会員は9万人?

そんな中、脱毛マシンのメーカーや販売店は1台でも多くマシンが売れた方が儲かるわけですから、必死に営業をかけてきます。

「開業したら儲かりますよ」と、甘い言葉をささやいてくる営業マンもいるかもしれません。

そこで、ぜひ理解しておいて欲しいことがあります。

それは、「脱毛サロンのメーカーもリクルートのホットペッパービューティーの営業マンも、自分の営業成績や自分の会社の利益が最優先であり、あなたのサロンの売り上げにはさほど関心がない」ということを分かっておいてください。

「そんなことないよ」と思う方もおられるかもしれませんが、誰よりもたくさんの脱毛サロンに携わってきた集客の専門家のわたくしが、数多くのオーナーさんから実際にそのような悩みや相談をたくさん受けていますから。

リクルートのホットペッパービューティーの営業マンにしても同じで、『ブログを書け』『プランをアップしろ』のこの2つしか言いません。

本当はブログなんて書きたくないから、高いお金をホットペッパービューティーに払っているんですけどね。

まぁとにかく、あなた以外の他人は、あなたの脱毛サロン運営やあなたが儲かることに、そう真剣ではないと考えておいてください。

ちなみにわたくしは、携わったコンサル先(サロン)の売り上げを上げることこそ最優先と考えていますので、あなたのサロンがより儲かるように導いていきますよ。

3.脱毛サロンを開業後、クロージングが苦手なサロンは売上に苦しむみ、儲からない

次に儲かる脱毛サロンの開業を考えているあなたがやるべきことは、クロージングの強化です。

弊社ではこれまでに150社以上のお店の集客に携わってきましたが、皆さん、一様に同じことを言われます。

クロージングを習ったことはないので、今のやり方が正しいのかどうかさえ分かりません

そうなんです。

脱毛マシンのヘッドの当て方などは繰り返し練習したとしても、肝心要の売り上げに繋がる『クロージング』はほとんど習っていないのです。

ましてや、クロージングのロールプレイングなどの練習も行なっていません。

クロージングの指導もお任せください

でも、安心して下さい。

弊社には、契約が決まりやすくなるクロージングのノウハウがあります。

お客様があなたのサロンに通いたくなるクロージングというものが、実はあるのです。

弊社のコンサルティングを受けると、そのザクザク契約が決まるクロージングの音声を実際に聞きながら、何度も練習することが出来ます(脱毛サロン向けのクロージングではないですが、やり方は同じ)。

ある脱毛サロンはクロージングの強化で売上が4倍に!!

このクロージングをマスターしたあるサロンは、それまでの売り上げが40万円前後だったのが、ピーク時には160万円(なんと4倍)の売り上げになりました。

他にも、新規客が20人来て4人しか決まらなかったサロンは、クロージングを習ってからは20人中14人(約3.5倍も契約率がアップ)も契約が獲得出来るようになりました。

ですから、皆さん、クロージングの重要性を再度、ここで認識して下さい。

丁寧な接客は、出来て当たり前。

それは、みんなやっています。

あなたがライバル店にグイッと差をつけたかったら、クロージングを真っ先に学び、新規客をあなたのお店のリピーターにしてしまうことです。

4.儲かるためにははキーワードを意識してネット集客をすべし

熾烈な競争が続く脱毛業界ですが、実はネット集客に限ればまだまだ敵は強力ではありません。

大手脱毛サロンは、アフィリエイトやPPC広告(インターネット上の広告)と呼ばれる高額な費用がかかる集客法で、Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンからお客さんを獲得しようとしています。

脱毛のネット広告単価は高い

例えば、「新宿 脱毛」と検索したら、このように広告が上位にたくさん出てきます。

試しに、これらの広告をポチッとクリックしたとします。

この瞬間、この脱毛サロンはGoogleに、数百円から数千円を払う必要があるのです。

脱毛のアフィリエイト報酬は超高額!!

さらに、アフィリエイトと呼ばれる集客法もあります。

アフィリエイトとは、簡単に言えば、「自分のブログなどで商品を紹介して、そこから注文が入ればその紹介者に成果に応じて報酬が支払われる仕組み」のことです。

下記をご覧頂くと分かりますが、このアフィリエイト経由で来た申し込みには、1件数千円~数万円の費用が発生する契約になっています(当然、脱毛サロン側が払う)。

※参考 ある美容皮膚科のアフィリエイト報酬(↑)

これらのネット集客法は、東京・渋谷、大阪・難波、福岡・天神といった都会では有益な手法。

しかし、地方ならまだまだ弊社が培ってきたネット集客法でも、十分に戦えます。

ホットペッパービューティーの口コミ返信を変えるだけで売上はアップ!

例えば、ほとんどの脱毛サロンが広告掲載をしているホットペッパービューティー。

最近は反響が落ち込んできていますが、それでも新規集客ではまだ少しは使えます。

リクルートの営業マンは、先ほど申し上げたように、「プランアップしろ」としか言いません。

ですが実は、ホットペッパービューティーの広告プランをランクアップしなくとも、新規客を呼び込み、売り上げを伸ばすことは出来るのです。

それは、口コミの返信の書き方&魅せ方

お客様が書いてくれた口コミ返信の書き方にはマル秘のポイントがあり、お客様が行きたくなるように返信を行うのです。

実際、それを行った関東のある脱毛サロンは、弊社が携わってたったの一か月で売り上げが3倍(150万円→450万円)になりました。

ほかにも、25万円→80万円240万円→710万円(いずれも月商)など、続々と成果は出ています。

脱毛集客のキーワードはたった5つ!

次にお伝えするのは、『脱毛サロンがネットからお客様を集めるには、何を意識して情報発信をしたらいいのか?』という点です。

実は「脱毛をしたい」と考えている人が検索するキーワードは、ある程度決まっています。

それも主要なキーワードは、たったの5つ。

代表格は「福岡 脱毛 安い」「難波 脱毛 格安」などの料金に関するキーワードですね

したがって、この5つのキーワードを、ブログやホームページ、Instagramなどに組み込んで記事を作ったり発信をしていけばいいわけです。

もちろん、その際の書き方や魅せ方は重要ですが、この5つのキーワードを知って投稿をるのと知らないのでやるのとは大きく結果が変わってきます。

ちなみに、この5つのキーワードは、弊社のコンサル先の脱毛サロンオーナーしか知りません。

ネット上には一切書いていませんから。

ですから、キーワードを知って発信している脱毛サロンは、お客様に溢れ、集客が出来て、経営が上手く楽にいくのです。

繰り返しになりますが、やみくもにSNSを活用しても、お客様は来ません。

食べ物やペットのことをインスタにアップしても、お客様は来ないのです。

それは、分かっておいてくださいね。

5.脱毛サロンを開業するなら、3つの料金システムを用意しよう

続いて、料金システムの設定に関する話です。

あなたの脱毛サロンでは、どんな料金システムがありますか?

都度払い、コース契約や回数券。

まあほとんどの脱毛サロンは、この3つのどれかをお客様にご提案していますよね?

でも実はここにもう一つ、新たな料金システムを加えると、クロージングでの契約率がグイッとアップします。

弊社のコンサル先での実績値ですが、平均13%はクロージングが決まりやすくなるんです。

13%といえば少ないと思うかもしれませんが、100人の新規客が来ればそのうち13人も今よりお客様が増えるんですから「オイしい」ですよね?

月額課金=定額制を作ろう

では、その新たな料金システムとは?

ズバリ、それは定額制です。

スポーツジムのように、毎月毎月自動で引き落としされるようにするんです。

その際、銀行引き落としではダメです。

残高不足の場合がありますし、何より通帳に記帳をした際に、毎月引き落としされている金額を見ると、なんとなく『あまり行ってないし、止めようかな…』という気持ちになるからです。

その点、クレジットカードならカード会社が回収を代行してくれます。

また、お客様の中にはクレジットカードの明細を毎月いちいち見ないという方もいますし、クレジットカードでの支払いならポイントも貯まりますから。

なお、クレジットカード払いにすると、手数料の負担が気になる方もいますが、今は手数料が3.24%~という低いサービスもあります。

【手数料がお得】お店の決済端末は、コレがオススメ | airpay 手数料

ちなみに弊社の提携クレジットカード会社は、今だけですが、手数料は無料です。

ジャパネットたかたではないですが、決済手数料が0円なんです(これを導入するだけでも、支払い経費の軽減になる)。

定額プランは、是非、導入してください。

毎月、安定してお金がチャリンチャリンと入ってくるので、資金繰りも楽になってきますよ

おまけ~メンズ、子ども、シニアに活路を見いだせ

最後にもう一つ、脱毛サロンが❝儲かる❞ヒントをお伝えします。

脱毛業界は、既に飽和状態にあるよと、繰り返し述べてきました。

といっても、それは女性をターゲットにした脱毛の話。

実はまだまだ脱毛業界でも、「オイシイ=儲かるジャンル」があるんです。

シニア、男性、子供をターゲットにしよう

それが、「メンズ、シニア、子どもをターゲット」にした脱毛です。

例えば、子ども脱毛の場合、こんなエピソードがあります。

ある脱毛サロンに、親子が来店されました。

その際、お母さんがこうおっしゃられたそうです。

『うちの子(女の子)は、少しヒゲに薄く毛が生えています。本人はあまり気にしていないようですが、親の私は気になってしまって…。もしかしたら、それが原因でいじめられているんじゃないかと、心配しています。お金はかかっても構いませんので、この子のヒゲをなんとか薄くしていただけますか?それが、親としての責任かなと思っていますので』

結局、この親子はコース契約をしていったそうです。

男性脱毛はこれからが期待できる業界

続いて、メンズ脱毛の話をしますね。

わたくしは毎月エステに行っていますが、それも3年くらい前からのこと。

それまでは、『男がエステなんて…。恥ずかしくて行けるか―!』と思っていました。

しかし実は今、メンズエステはかなり需要があります。

中でも、メンズ脱毛はこれからまだまだ伸びるジャンルです。

弊社がコンサルで携わっていた関東の脱毛サロンの話ですが、そこは男性客の割合が半分を超えていますから。

メンズはクロージングが楽!!

そして、実はメンズ脱毛をわたくしが『オイシイ』というわけは、他にもあります。

メンズエステが流行ってきているとはいえ、まだまだエステに行き慣れた男性は少ない野が実情。

行き慣れていないということは、エステの仕組みにも不慣れということ。

したがって、クロージングが決まる確率が女性よりも高いのです。

『回数券とかコース契約は、するのが決まりみたいなもんなんだな』

男性は、そんな感覚なのです。

売りにくい店販も、男性客ならこう言えば売れます!

ひとつ、参考になる話をしますね。

メンズ脱毛の場合、こんな風に伝えると店販=ローションが売りやすくなります。

脱毛後は保湿が大事になります。山田さんは、脱毛専用の保湿ローションはお持ちですか?脱毛専用ローションをたっぷり塗ることで、脱毛効果もさらに期待できますよ

ここでのポイントは、『脱毛専用のローション』と言うことです。

風呂上がりにローションで保湿をする男性さえ少ないのに、ましてや脱毛専用のローションなんてモノを普通の男性が持っているはずがありません。

ですからこのように言えば、70%の確率でローションが売れちゃうのです。

これで店販の強化も出来ますし、売り上げアップに繋がりますね。

その他のお役立ち情報

いかがでしたでしょうか?

今回は全国で数多くの脱毛サロンの集客に携わったわたくしが、コンサルレベルのとっても経営に役立つ話をいくつか書いてみました。

参考になりましたか?

脱毛ビジネスもやり方次第では、まだまだ稼げます。

ぜひ下記の記事や無料のメルマガを参考に、売り上げアップにお役立て下さいね。

脱毛サロンのよくある質問を書くならコレがオススメ | 脱毛サロン よくある質問

下記もよく読まれています。

2018年はこうなる!第一弾〜脱毛ビジネスは厳しい一年に!

★無料【集客】メール講座=メルマガの登録は、↑をクリックしたら60秒で登録完了!

 

集客や売り上げのことでお悩みの方はこちらを今すぐクリック♪

 

 

ABOUT ME
宮野 秀夫
美容室、エステ、脱毛サロンなどの美容系サロン集客の専門家。コンサル実績は150件以上。月商150万円⇒450万円、300万円⇒700万円など、成功実績は多数あり。
今すぐ電話をかける