”反応のあるブログがなぜ書けないのか?”その答えを教えてあげよう

なぜ反応のあるブログが書けないのか?

「あと8人、ブログからお客さんを増やしたい」

「『ブログを見た』との新規客からの問い合わせが欲しい」

「たくさんの人にもっとブログを見てもらいたい」

そう思っている方、たくさんおられると思います。

実は、ブログのテクニック的なことだけで言えば、下記のことをするだけでもアクセスは増えますし、反応は少し改善します。

  • ping送信の設定(ブログを投稿した際に、更新情報を集めているサーバーへ通知する仕組み)
  • 更新日時の徹底(毎日同じ時間に投稿すること)
  • 自分出し(写真やプライベートをもっと出す)
  • テーマの統一化(同じジャンルで書き続けること)
  • コメント周り(アメブロでは少し有効) などなど

しかし、これらの小手先のテクニックを実践する前に、実は覚えておきたい重要なポイントが2つあります

 

 毎日変わりない同じ生活をするな

ブログを書けない人の一つの特徴として、「毎日変わりない同じ生活をしている」というのがあります。

同じ時間の電車に乗り、同じ駅で降りて、いつもパターンで仕事をする。

確かにルーティンは大事です。

でも、そこからは記憶に残るようなワクワク体験は得られないし、新しい知識を入手することもできません。

よって、人を感動させたり、ハッと思わせるような出来事がないから、面白いブログ・反応のあるブログが書けないわけです。

わたくしは、毎年、海外視察に行くようにしています。

ここ数年で言えば、スリランカ、ラスベガス、オーストラリア、モナコなどに行きました。

ですが、別に海外に行くという特別な行動をしなくても、日常生活の中でも変化をもたらす環境に身を置くことはできるわけです。

ただ、それをあなたがやっていないだけ

いつもと違うガソリンスタンドに行って、店員さんの接客を観察してみる。

いつものランチではなく、3,000円の贅沢ランチにしてみる。

そういう些細なことからも、こちらの心構え次第で、違った印象を持つことは可能なのです。

毎日同じ生活の繰り返しは、楽です。

特に何も考えなくても、良いですからね。

そして、みんな同じような生活・行動をしているから、なおさら安心感もあります。

でも、それじゃ普通と同じになっちゃう。

もっと稼ぎたい!もっとお客さんを増やしたい!と思うなら、人と違うことをしなきゃ。



一日、何人のブログを読んでいますか?

あなたにお尋ねします。


一日に、いったい何人のブログを見ていますか?

おそらく、10人未満という答えになるのではないでしょうか?

ちなみに、わたくしは少ない日で50人、多い時で100人以上の方のブログを読んでいます。

読んでいますといっても、全部が全部、最初から最後まで読むことはありません。

つまらないなっ!と思えば、もちろん、途中でバツを押して読むのを止めることも多々あります。

それでも毎日、いろいろな人のブログを読むことで、「この書き方面白い!」とか「こういう切り口もあるのね」という気付きを得ることができます。

しかし、ブログを書くだけで、人のブログを読まない人はそれがない。

よって、ネタ切れにもなりやすいし、一方的な意見ばかりのブログになってしまいがち。

ぜひ、人のブログを毎日見る習慣をつけてみてください。

そうすれば、あなたのブログも日に日にブラッシュアップされて、反応のあるブログになっていきますよ。

これ、本当ですから、ぜひ実践してみてくださいね。

では♪

集客や求人のご相談はこちら

★最近の人気記事TOP5はこちらをクリック

NO.1 相手が弱いところで勝負をしましょう! | エステ 儲かる ジャンル

NO.2 あなたの美容室の節税のやり方は、高級車・レクサスを買うことですか? | 美容室 節税

NO.3 ホームページをリースで契約しているあなた!それ、お金をドブに捨てているんじゃないですか?

NO.4 「あんたのサロン、上手くいかない」とわたくしが断言します~その1~

NO.5 本当に稼げる?年収1200万円を稼ぐ方法 | 年収1,200万円 稼げる

■集客や求人のご相談はお気軽にどうぞ♪ 

・各種SNSはこちら
 

お問い合わせはこちら

現在428人が購読中!無料【集客】メール講座はこちら

関連記事

「素人は黙っとれ!!」

「あんたのサロン、上手くいかない」とわたくしが断言します~その2~

2018年はこうなる!第一弾〜脱毛ビジネスは厳しい一年に!

あなたがなかなか【行動しない】そのワケは、この2つ!

独立起業したらホントに50、100万円も稼げる?ある女性がリアルに稼いだ金額を特...

エステサロンや美容室での高単価・高額商品の作り方【永久保存版】 | エステサロン...